2015年エジプト[世界放浪]

イシス神殿&中東流料金交渉のゴング鳴りけり!エジプト編5

カイロ~アスワンまで、寝台車で
「世界の車窓から」を堪能し、
炭水化物とチキンの高カロリータッグ
をいやというほど味わった後、
10時間後に

アスワンに到着!
アスワン到着!

駅前の風景は…、う~ん、よくある砂漠の地方都市?

チュニジアの砂漠もこんな匂いがしたなぁ。

客引きもさほど激しくなく、のんびりした風情。
私たちはカイロからネットで、アスワンの安宿を予約していたので、
まずは荷物を置くために、宿に直行することに。


しかし、アスワンの道は

凹凸大魔王なり!!

乾燥した砂漠地方ということもあるけれど、

巨石が地面に埋まっていたり、

突如穴が開いていたり、

乾燥地帯なのに水たまりが出来ていたり、

ま~、トラップの激しい事(笑)。

青息吐息で二つのガラガラキャリーケースを引っ張りながら、

地元民に宿の場所を尋ねつつ、

白糸の滝のような汗を流しながらの宿探しです。

そして、30分後、ついにバックバッカー御用達と見ゆる

ホステル「キーラーズ」に到着!!

何と部屋番号は222!!

スーパーエンジェルナンバー!!

こりゃ幸先よし!
(注:部屋はごくごく普通の安宿です。
写真映りは綺麗ですが、それはフォトマジック!)

キーラーニ部屋番号222

早速フロントに下りて、
翌日のアブシンベル神殿ツアー
(日本や現地の旅行会社から買うより、
安宿から直接交渉で購入するツアーの方が
概して安い。もしくは無理難題が叶う)を買おうと思ったら、
どこかで見たカップルが!

あれ~、カイロのラムセス駅のホームにいた、
あの中国人カップルではないですか!!

ティンティンとミンミン


このお二人!!
むちゃくちゃ優しいカップルなのです(^o^)/

まさに千載一遇。

思わず、英語で話しかけてみる。

「ニイハオ(ここだけ中国語)! 

あの~、カイロのラムセス駅にいましたよね?
この安宿にチェックインとはまさに運命を感じます!
この後、時間あればランチでもどう?」

私は他人との距離感がまったくないので、
突然のお誘いは得意技(
)

その中国人たちは微笑を浮かべながら、沈黙…。
あれ、何か失礼なことを言ったかな?

再び、沈黙…。

そして、判明したことは、
彼らはほとんど英語が出来ない…。

納得です。そりゃ仕方ないとです。

奥さん(彼らは若い夫婦だそうな)は
まだかろうじて片言の英単語は話せるけれど、
旦那さんはまったく駄目みたい。

でも、言葉の壁なぞどうでもよいのです。

彼らに何かを感じた、
自らの直観こそが大切!

とにかくジェスチャーを交え、意気投合し
(会話がほとんど成立しなくても心は通じ合える。笑)、

道ばたの親父が売っているピタサンドのランチを食べてから、
一緒にイシス神殿に行くことになりました。

屋台でピタサンドランチ

ピタサンド、うまし!!


しかし…、

離れ島に聳えるイシス神殿に辿り着くためには、
渡し船に乗らないといけません。

しかし、

ここはエジプト…。

 
百戦錬磨の
アラブ商人たちが
手ぐすね引いて、

船着き場で
旅行者たち(獲物)を
待っています
(-_-;)

 さぁ、
久々の
ネゴシエーションタイム、
スタートです!!

チーン!!!

その手法は人それぞれですが、
私の場合のアラビック交渉術として、
まず、彼らの言った料金の
半額以下を提示します。

相手は間違いなく、

「え~、ちょっと何を言っているのよ。
そんな料金ありえなーい!!(何故オネエ?)」
と大仰にのけぞります。

しかし、そこでひるむなかれ。

中東では攻めの一手で相手を刺します()

だって、絶対に十倍くらいの料金を最初に言いますので(-_-;)

そして、
私たちの提示した最低料金と先方の希望料金を
ジリジリと中庸に近づけていき
(下手すると10円単位まで)、


沖縄の蛇VSマングース

のような、ジットリとした交渉のリングに
突入していきます。

そして、
あまりに商人たちが折れない場合や、
相手が高飛車な場合は、

お決まりのセリフを吐きましょう。

 

「じゃあ、いらない。

他を当たるからいいよ!!」

そうすると、
ほぼ100%の確率で、
ワラワラと再び寄ってきて、
料金交渉が再スタート
()

いやぁ~、面倒くさい。
しかし、これは中東旅の一種のお遊びです。

本気で希望額にしたいわけではないけれど、
現地の商人たちとコミュニケーションを図りながら、
あーだこーだと交渉していく

中東セレモニー


なのです()
そう、これこそ、

中東旅の醍醐味!
アラビアン絵巻の真髄!

着地点は大体見えているけど、
言われた額を鵜呑みにするなんて、
そんなケツの青いことを言っていては
「侍の国、ニッポン」の名がすたる
()

結果、四人で500円程度になり、
満足いく勝利を収めました。

だって、絶~対に、
相手は損していませんので
()

とりわけ、
オフシーズンのエジプトでは
観光客はありがたい収入源なはず。

私も過去にトルコのイスタンブルで
ゲストハウスをやっていたので、
彼らの心情や状況は
ある程度分っているつもりです
()

 

もちろん、
最初から善良かつまっとうな料金を
提示してくる、
神様のような商人もいるので、
ここは見極めが大切です。


そういう人からは、
気持ちよく、その価格で
モノやサービスを購入しましょう
()

まともな店で変に値切ってはいけません。
そりゃ自分の品格を下げているようなもの。

 

ただし、

「5個買うから、

1つサービスして」

くらいは言ってみる価値ありです(^o^)/

それと、「TIME IS MONEY」

ですので、時間のないときも
適当な着地点で手を打つことを
お勧めします(^o^)/ 


損しても、死ぬような額でないので(笑)。

…って、何の講座なのかしら? 

 

「NHK講座 中東での正しい値段交渉」
とかの講師をやりたいなぁ~!!とにかく、

30分くらいの交渉バトルの後
(中国人カップルも、アイフォンの翻訳機能片手に
頑張って交渉参戦してくれた。笑)、

やっと、こじんまりしたボートに乗船して、

 

四人でイシス神殿まで向かいました(^o^)/

ご覧ください!!

 

こげに美しい場所です。

この数分前に交渉バトル(実際のバトルでないにせよ)
があったとは思えない、桃源郷のような雰囲気(笑)。

激しい値段交渉の末乗船!強敵だったヌビア人商人

苦労して上陸しただけあって、海に囲まれた美しい神殿は波動も高く、
悠久の歴史を肌で感じられる素晴らしいパワースポットでした!!

イシス神殿2

イシス神殿4

イシス神殿6

イシス神殿7

イシス神殿1

イシス神殿9

イシス神殿10

イシス神殿5

イシスの内部レア映像

イシス神殿8

イシス神殿は小さいながらも、いくつかの
ブロックに分かれているので、
私の残念な知識より
以下の掲示板をご参照ください(-_-;)

イシスの案内版

これじゃー、わからんって(笑)。


「地球の歩き方」に写真が多分
山ほど掲載されているので、
照らし合わせてみてください。

丸投げ!!

で…、癒しのイシス神殿満喫の後、

もちろん…、

あのヌビア人の船頭さんが
しっかりと岸で待っていてくれました(笑)。

悪い人ではなかった(^o^)/

シュクラーン

ジャズィーラン!!

(アラビア語でありがとう!)

帰りも待ち構える商人

グォーンキューの寝台車でカイロから10時間
移動した後のアスワン、そして休みなくすぐに
イシスを観光したので、
疲れ果てた私たち4人は
夜のアスワンスーク(市場)へ!


夜のアスワン市内

そして、ローカルな匂いプンプンな
食堂で夕食を食らい、
その日は終了。

ちなみに…、メニューは
チキンオンリー!!

完全に

体毛=羽毛化しています。

アスワンスークでのディナー

実は暑さゆえ、
激しくビールを飲みたかったのですが、
アスワンはバリバリの保守イスラム系なのか
(カイロはちょっとゆる~い)、
一切街でステラビールは見つからず(-_-;)

無念の

ノンアルコールディ!!

そんなことより、
あ~、中東の値段交渉ノウハウとか
余計な話を書いていたら、
本日のブログで
アブシンベル神殿まで
辿り着けなくなってしまった(-_-;)

 

次回、いよいよ、アスワンの雄、
アブシンベル神殿に到着!!

(って、本当かなぁ~。寄り道が多いのよ、文章に…)

関連記事

  1. 清水寺から大ジャンプ! カイローアスワンの高級寝台列車の真相 エ…
  2. エジプトまで辿り着けない…(笑)
  3. 世界が黄色く見えるカイロの砂嵐! …と、考古学博物館(笑) エジ…
  4. 炭水化物の鬼、エジプト名物コシャリ降臨!! エジプト編2
  5. 王家の谷とハトシェプスト葬祭殿でバッタバタのお墓参り!! エジプ…
  6. そうだ、京都…、ではなくて、コーカサス地方に行ってみよう! 
  7. 子猫とマフムッドと二人の日本人(谷崎潤一郎「猫と庄造と二人のをん…
  8. ギザのピラミッド浮遊の動画を創ってみました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。