Book

HODO BOOKS「地球遺跡 宇宙人のなぞ」発売★

 
HODOの出版部門「HODO BOOKS」からの
ご紹介します(^o^)/
その名は、ズバリ

「地球遺跡 宇宙人のなぞ」!!

 

地球遺跡 宇宙人のなぞ: 復刻版 (HODO BOOKS)

前回、電子書籍化した「異端者が世界を変える!
(トンデモ発想で生きてみないか?」改題)」の著者、
竹内文書の研究家である高坂和導氏の
初期の絶版本を再び復活させました。

この「宇宙人のなぞ」は1974年に子供向けのビジュアルブックとして
出版され一世風靡された本ですが(8刷までいっています!)、
時を経て絶版となり、そのまま世に出ることなく眠っておりました。

「トンデモ発想…」電子書籍版の依頼をしてくださった高坂先生の奥様が
「この本は子供向けなのですが、とても良い本なので、もう一度世に出して
皆さんに読んでいただきたい」とおっしゃって、
この「宇宙人のなぞ」を託してくださったのです。

が、が、しかしぃぃ、本をペラペラとめくってみてビックリ!!
全然子供向けじゃなーーーい!
子供たちだけでなく、十分に大人たちにも楽しめる内容になっています。

というか、

不思議大好き、
世界遺跡大好き、
海外大好き、
神社大好き、
日本の神さまや神話が大好き、
UFO大好き、
ミステリースポットやパワースポット大好き

な人たちならば、年齢問わずに「もう、たまらん!!」と、
がぶりつきになるくらいに濃厚濃密な情報満載です!

いまだかつてまったく古臭い感じがせず、
今の時代にはますます本に描かれている情報が超リアルに感じるくらいです。

また、原本には写真やイラストがこれでもか~と見開きでふんだんに使用されていて、
かなりの編集者&DTP泣かせの作りです(笑)。
いやはや、ぶっちゃけ、こういうレイアウトのビジュアルブックを今の時代に創るとしたら、
相当な時間と労力とお金がかかります。

職業柄、チョモランマより高かったであろう当時の編集制作費に想いを馳せてしまいます(笑)。
そのくらい紙の書籍は費用がかかるのです。
でも、湯水のように制作費を投じて、
ゼロから大好きな内容の本を生涯で1冊でも作れたら至福の極み。
そんな自己満足的な本もHODO BOOKSの中でどんどん発信して参る所存です(笑)!!

おっと、話がずれましたが、今回の「宇宙人のなぞ」も
高坂先生の魂が思い切り入り込んだ渾身の一冊ですので、
電子書籍として再び命を吹き込めたことに喜びと感動を感じています(^o^)/

世界中に点在している不思議な遺跡には宇宙人の痕跡がいたるところに残っています。
また、その遺跡を創るには宇宙人が介在したとしか思えないものが山ほどあります。
日本国内だけでなく、世界各地にある不思議遺跡を紹介しながら、
高坂先生が鋭い解析をしていき、思わずグングンと惹きつけられてしまう内容になっています!

今回はデータが残っておらず原本からの完全復刻版のため、
当時のレイアウトそのままになっています。

そのため、幾分読みにくい箇所もあるかと思いますが、御愛嬌ととっていただき、
当時の雰囲気を楽しんでいただきながら、遥か宇宙に想いを馳せていただければ幸いです。

大人も子供も関係なく、純粋に楽しめる内容になっていますので、
是非ご一読くださいませ~(^o^)/

ご購入はアマゾンからとなります。以下からお願いいたします!

地球遺跡 宇宙人のなぞ: 復刻版 (HODO BOOKS)

なお、「異端者が世界を変える!」(高坂和導著)も
HODO BOOKSから好評発売中ですので、宜しければ合わせてお読みください。

世界を変える異端者であれ!: 「トンデモ発想の先駆者」高坂和導の名著・完全復刻本 (HODO BOOKS)

人生の視点が変わると、思考が変わり、
ポジティブなスパイラルを描き始め、目標達成や夢の実現が早くなり、
引き寄せパワーも強くなるそうです!

簡単にいえばいいことずくめ(笑)。

我々の手がけた本がそのきっかけになれば製作者冥利に尽きます。

近日、第三弾の新刊も発売予定! 詳しくはまたブログでもご紹介しま~す!

 

 

 

 

関連記事

  1. 奈良・天河七夕祭り編③ やっぱり洞川といえば、陀羅尼助?!
  2. 奈良・天河七夕祭り編② 久々のお宿は「三丁目の夕日」的な洞川エリ…
  3. 6年ぶりの天河神社に行ってきました!
  4. 奈良・天河七夕祭り編⑥ 修験道的インディージョーンズを体験!
  5. 奈良・天河七夕祭り編⑤ 柿坂神酒之祐宮司との三日間
  6. 奈良・天河七夕祭り編⑪ ギリギリセーフで弘法大師様とエアーご対面…
  7. 奈良・天河七夕祭り編⑦ 最初からなければ不便を感じない(笑)
  8. ジョージアの旅が雑誌「Star People」64号に掲載されま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。