HODOのお仕事

奈良・天河七夕祭り編⑩ 天河からビュヨーンと高野山へ!!(前編)

さぁ、いよいよ、天河旅も終焉に近づきました。

オオカミ少年のように、天河ネタで書き続けていたけど、

本当に移動の最終日!

 

柿坂宮司とのお話タイム(蕎麦を御馳走になったり、間に色々入りましたが。w)が午後二時くらいまでになっていたので、

その後、さて、どうしようと一瞬思案して、

 

「そうだ、高野山にちょいとだけでもお参りして行こう!」

 

となりました。

 

実は、私は高野山に生涯でまだ行ったことがありません。

 

むしろ、高野豆腐くらいしか知らない、と言っても過言ではない。

 

ってことで、一路、奈良から和歌山へ車を走らせます。

 

走らせます…。走らせます…。

 

マジか??!!!

 

何か道がすごいんですけど(*_*)

 

 

 

牧歌的な山道を通り越して、本気のアマゾン的ケモノ道?

 

いやー、すごい!!

 

カウボーイハットをかぶって、

カントリーロードを口ずさむレベルじゃあない!!

 

日本でもまだこんな険しい山道が残っていたのか、と

感動すら覚えます。

 

ちょっと風景は違うけど、

昔、ボリビアのウユニ塩湖までを疾走した車での

揺れに近い(笑)。

 

あのときは、汚い皿感染をして、我が身が半死半生の病気

だったため、本気で揺れがつらくて、一揺れで吐く。

一揺れで下痢が我慢できず、草むらで…(笑)、の繰り返し。

 

あんなひどい道ではないけれど、なかなかの仕上がりです。

 

どうやって車が対向車と行き交えるのか。

それとも、99%行き交わないから、

まぁ、こんな感じで

道を造っとこうかね、とざっくりと道風なものを

造ってみたのか?

 

しかし、現地ドライバーたちは軽々とケモノ道を疾走していき、

我々を目視すると、速やかに場所を空けてくれ、

紳士のように待っていてくれる。

いやー、阿吽の呼吸、あーといえば、うんという。

まさにこれです。

 

どうも、田舎道のドライバーさんたちは気の達人のようです。

 

とにかく、グルングルンと山道をアップダウンしながら、

胃も左右にゆられながら、

時間軸も空間も無感覚になりながら、

脳みそがガランガラン(伽藍?)と鳴りながら、

車で揺られ続けます。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 奈良・天河七夕祭り編⑥ 修験道的インディージョーンズを体験!
  2. 奈良・天河七夕祭り編⑤ 柿坂神酒之祐宮司との三日間
  3. 6年ぶりの天河神社に行ってきました!
  4. 奈良・天河七夕祭り編⑪ ギリギリセーフで弘法大師様とエアーご対面…
  5. 奈良・天河七夕祭り編③ やっぱり洞川といえば、陀羅尼助?!
  6. ギザのピラミッド浮遊の動画を創ってみました!
  7. 奈良・天河七夕祭り編② 久々のお宿は「三丁目の夕日」的な洞川エリ…
  8. ジョージアの旅が雑誌「Star People」64号に掲載されま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。